無料のE-BOOKをプレゼント中です!

私は今、月15万円以上ネットで稼いでいます。 おかげで借金の返済スピードは上がり、貯金までできています。 借金に一番効くのはネットでの副業なのです。今ならあなたに無料でその方法をお教えします。
無料ダウンロード >>




債務整理の方法 「任意整理」の具体的な流れ

債務整理方法のうち、今回は任意整理をご紹介したいと思います。


自己破産に比べると、格段に知名度は低いと思いますが、グレーゾーン金利による過払い金返還請求などで脚光を浴びた債務整理の方法です。


今回は任意整理の具体的な流れをいきなりご紹介していこうと思います。そうすることで、この債務整理の方法をよく理解してもらえると思います。


0.任意整理全体の流れ


任意整理は、(1)介入通知、(2)取引経過の開示、(3)利息制限法に基づく引き直し計算、(4)和解案の提示、(5)和解成立、(6)返済開始という流れで進みます。


1.介入通知


あなたから任意整理という債務整理の方法の依頼を受けると、弁護士や司法書士は、あなたにお金を貸している金融機関に対して、「■■さんの債務整理は、私が引き受けました。これからは、本人に直接連絡を取ったり、取り立て行為しないで下さいね。」という旨の通知をします。


これが「介入通知」です。介入通知によって、貸主である業者側は、あなたに対する直接の取立て、連絡ができなくなります。 これだけでもかなりプレッシャーから開放されますね☆


2.取引経過の開示 および 引き直し計算


介入通知と併せて、弁護士・司法書士は業者とあなたとの間の全ての取引履歴を公開するよう要求します。


そしてその取引履歴のデータを用いて、利息制限法に基づく引き直し計算を行います。


貸金業法の改正が施行される前は、ほとんどの消費者金融(サラ金)は、「利息制限法」の制限利率よりも高い、「出資法」の利率でお金を貸しているので、利息制限法のお金利を元に引き直し計算をすることで、借金の額が減るケースがあります。場合によっては、過払いになっていることもあり、その場合は当然、過払い金の返還を要求することができます。


なお、貸金業法や利息制限法、出資法、およびグレーゾーン金利などについては、別の記事で詳しく触れたいと思います。なので、もし今、あまり意味が分からなくても、結構です。ここでは任意整理という債務整理の方法の流れがつかめればOKです。


3.和解案の提示


引き直し計算をすることで、借金の額を確定できましたので、次はいよいよそれをどう返済していくか、和解案を作成します。和解案では、今までの遅延損害金や将来の利息もカットした金額にします。また、過払いになっていれば、過払金の返還請求をします 。


和解案で示される返済期間は3年が目安。それ以上の期間かかるようなら、自己破産や個人再生を勧められることが多いようです。


4.和解成立


その和解案が貸主側に受け入れられれば、和解成立です。あとは、あなたが頑張って所定の返済をしっかり行っていくだけとなります。


しかし、当たり前ですが、和解案が拒否される場合もあります。お金を貸した側からすれば、返済額のアップや返済期間の短縮などを要求したくなります。妥協点が見つけられれば良いですが、最悪、交渉決裂となれば、自己破産など他の債務整理の方法を選択せざるを得なくなります。


ただ、貸主側としては自己破産なんてされたら、貸したお金を1銭も回収できなくなってしまいますから、どこかしらで和解案を飲むことが多いです。


以上が任意整理という債務整理の方法の流れになります。具体的にイメージすることができたでしょうか?


  

   人気ブログランキングへ

この記事のタグ

サイト内関連記事

債務整理の方法 どんな場合に任意整理を使えばイイの?
債務整理の方法の中でも、任意整理は自己破産などに比べると、ちょっと分かりづらいと......

検索されたキーワード&関連ニュース



  • SEO
  • loading
  • 債務整理の方法

  • seo

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

  • 全タグ一覧
  • 相互リンク募集・お問い合わせ
  • 相互リンク
  • プライバシーポリシー
  •    

    SEO

携帯版のQRコード

債務整理の方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://saimu-houhou.best-contents.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。