無料のE-BOOKをプレゼント中です!

私は今、月15万円以上ネットで稼いでいます。 おかげで借金の返済スピードは上がり、貯金までできています。 借金に一番効くのはネットでの副業なのです。今ならあなたに無料でその方法をお教えします。
無料ダウンロード >>




債務整理の方法 「個人再生(民事再生)」の費用が高い!?

債務整理方法のひとつ、「個人再生(民事再生)」の具体的な流れを一緒に追っていきたいのですが、その前に今回は、誰もが気になる費用についてお話しておきたいと思います。


個人再生という債務整理の方法を選択した場合、管轄の地方裁判所(地名+地方裁判所などと検索すれば分かります。)に「債務整理をしたいけど、マイホームは手離したくない!」と申し立てをします。


この申し立ての際には、必要書類の提出があり、これがかなり煩雑。量も多いです。面倒くさいですが、マイホームを守るためなら、我慢できるはず!必要とされる書類は、各地方裁判所によって異なるらしいので、管轄の地方裁判所に確認しましょう。


この手続き自体にかかる費用はたいしたことないんです。申立書に貼る収入印紙代やら切手代やら、そういう類のものなので。


厄介なのは、裁判所に納める「予納金」。個人再生にかかる「手間賃」みたいなものとイメージして下さい。これは、別のことろで詳しく触れますが、「再生委員」の報酬などに充てられます。これも各地方裁判所によって異なっていて、5~20万円とかなりの金額幅があります。あなたの地方裁判所が安いことをお祈りしております。

"・・・(,,゚Д゚)†"


あとは、弁護士の費用。特定調停や自己破産、あるいは取引履歴開示請求や過払い請求などなら、この費用を浮かすため、自分で実行することも可能ですし、お勧めできますが、この個人再生という債務整理の方法に限っては、弁護士などの専門家への依頼をお勧めしておきます。


住宅ローンをはじめ、その他の借金に関する交渉・折衝は、大変な労力と時間を要します。ですから、予納金によって、裁判所が再生委員という専門家をわざわざあなたに付けるわけです。


この再生委員の負担を軽くするために、弁護士などの専門家にあなたが債務整理を依頼すれば、予納金が安くなるのが一般的です。その下げ幅も各地方裁判所によって異なります。一例として、仙台地方裁判所を挙げると・・・


A 代理人弁護士がいる場合   30,000円程度
B 代理人弁護士がない場合  215,000円程度


自分の地域の地方裁判所の予納金、複数の弁護士の費用。この2つを調べて、どちらが安く済むか検証してみて下さい。


私が調べた感じでは、特定調停や自己破産とは異なり、弁護士・司法書士に依頼せずに自力でこの個人再生という債務整理の方法に取り組んでいる人は少ないようですので、ぜひ安い?弁護士さんを探して見て下さい。


なお、弁護士ドットコムというサイトでは全国の弁護士に費用の一括見積もりを依頼できます。弁護士事務所のホームページを探したり、直接電話するのが億劫な人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。


  

   人気ブログランキングへ

この記事のタグ

サイト内関連記事

債務整理の方法 「個人再生(民事再生)」って何なのさ
債務整理の方法で「個人再生(民事再生)」と言われているものがあります。自己破産に......
債務整理の方法 「個人再生(民事再生)」の具体的な流れ
債務整理の方法のうち、今回は「個人再生(民事再生)」について、一緒に具体的な流......

検索されたキーワード&関連ニュース



  • SEO
  • loading
  • 債務整理の方法

  • seo

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

  • 全タグ一覧
  • 相互リンク募集・お問い合わせ
  • 相互リンク
  • プライバシーポリシー
  •    

    SEO

携帯版のQRコード

債務整理の方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://saimu-houhou.best-contents.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。