無料のE-BOOKをプレゼント中です!

私は今、月15万円以上ネットで稼いでいます。 おかげで借金の返済スピードは上がり、貯金までできています。 借金に一番効くのはネットでの副業なのです。今ならあなたに無料でその方法をお教えします。
無料ダウンロード >>




債務整理の方法 「自己破産」のメリット・デメリットとは?

債務整理方法のうち、「自己破産」はおそらくもっともメジャーなものでしょう。債務整理と言えば自己破産のことだと思っている人もいるかもしれませんね。


自己破産と言うと・・・「人生終り」「お先真っ暗」、そういうイメージがありますが、実はこれは大きな間違い。


自己破産は刑事罰ではありませんし、刑務所の囚人のような生活とは無縁です。多少、制限があるとは言え、自己破産をしたからと言って、普段の生活において何ら支障をきたすことはありません。


今回は自己破産のデメリットにスポットを当てることで、自己破産という債務整理の方法に対する誤解を解いていきたいと思います。


債務整理のデメリットは実は少ないのですが、一番大きなものとしては、以後5~7年間にわたり、銀行や消費者金融からお金を借りられなくなること。クレジットカードが作れないことなどが挙げられます。また10年間は再び自己破産をすることができません。


しかし、これらができないからと言って、日常生活は問題なく送れるわけで、たいしたデメリットではないと、私なんかは思うのですが、皆さんはどう考えますか?


要するに、自己破産前の生活を反省して、身の丈にあった生活をし、お金を借りたり、クレジットカードを使わなければいけないような生活はもう2度としなければ良い、というだけのお話です。


もう一つ、大きなデメリットとしては、自己破産手続きの一定期間、特定の職業には就くことができない、というのが挙げられます。


具体的に言うと、期間としては破産手続開始決定から免責が確定していない間。就けない職業は・・・・


・いわゆる士業。弁護士、司法書士、税理士、公認会計士、行政書士など。
・質屋、古物商
・宅地建物取引主任者、
・警備員
・競馬の騎手


人によってはこのデメリットの方が致命的かもしれませんね。職を失うことになるわけですから。


また、もう一つデメリットを挙げると、基本的に自己破産をしたからと言って、それが他人に広まるというような事態はないと思いますが、官報には自己破産者として記載が残りますので、まあ調べようと思ったら調べることができてしまいます。


しかし、職場に何か通達が行くわけではありませんし、基本的にはあまり大きな問題にはならないはずです。


あとはもし何かしら資産価値のあるものを所有している場合、それは処分されます。・・・これについては持っていない人がほとんどでしょうから、あまり問題にはならないでしょう。


・・・以上です。


自己破産という債務整理の方法によるデメリットというのは、こんなものです。結婚や引越し、旅行なども自由にできますし、選挙権だって失いません。つまりはほとんど普通の生活を送れるということです。


具体的な自己破産の手順はまた解説しますが、とりあえず今回はこの債務整理の方法が以外とデメリットが少ないということをご理解いただければ、と思います。


  

   人気ブログランキングへ

この記事のタグ

サイト内関連記事

債務整理の方法 「自己破産」の具体的な流れ
債務整理の方法の代表格である「自己破産」。その具体的な流れを今回はご紹介していき......

検索されたキーワード&関連ニュース



  • SEO
  • loading
  • 債務整理の方法

  • seo

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

  • 全タグ一覧
  • 相互リンク募集・お問い合わせ
  • 相互リンク
  • プライバシーポリシー
  •    

    SEO

携帯版のQRコード

債務整理の方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://saimu-houhou.best-contents.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。